1. HOME
  2. 防音、音響コラム
  3. 防音対策について

防音対策について

防音対策に関するコラムでは、防音対策を行う際の意識するべきポイントや防音材の種類、また、各シチュエーション別に防音室を作成のメリットなど、様々な情報をご紹介しております。

アパートの空室対策のためにオーナーが行うべきこと

アパートの空室対策のためにオーナーが行うべきこと

投稿日:2021.03.22

所持しているアパートの空室になかなか借り手がつかない、あるいは、年を追うごとに空室が増えているといった状況があるなら、オーナーとして、今すぐにでも空室対策を行う...

不動産の資産価値を向上させるためにできること

不動産の資産価値を向上させるためにできること

投稿日:2021.03.22

家、マンション、アパートなどの不動産は、建ててから年を経るごとに傷みや不具合が生じ、劣化していきます。貸し出している不動産に空室を作らない、あるいは所有している...

オフィスの防音が必要な理由とすべき箇所

オフィスの防音が必要な理由とすべき箇所

投稿日:2021.03.22

ビルの一室を借り、室内をレイアウトしてデスクや事務機器などをセッティングすればオフィスは完成――のように思えますが、実は忘れずに対処しておきたいことがあります。...

ピアノ教室を開校する際に行うべき防音対策

ピアノ教室を開校する際に行うべき防音対策

投稿日:2021.03.22

自分の特技を生かしてピアノ教室を開こうというときに、いくつか準備しておきたいことがあります。そのひとつが、防音対策です。教室の運営を始めると、連日、長時間に渡っ...

木造住宅を防音リフォームする際のポイント

木造住宅を防音リフォームする際のポイント

投稿日:2021.03.22

木造住宅は、その構造上、室内の音が外に漏れやすく、外の騒音も入ってきやすいという性質があります。そのため、ピアノやギターを練習するときはご近所に気を遣い、大きな...

一戸建てとマンションでのピアノの防音対策の違い

一戸建てとマンションでのピアノの防音対策の違い

投稿日:2021.03.22

マンションと一戸建て、どちらでもピアノの防音対策ができるのか心配な方はいらっしゃるのではないでしょうか。結論を申し上げますと、マンション、一戸建てどちらの住宅に...

ドラムの防音室を作る際のポイント

ドラムの防音室を作る際のポイント

投稿日:2021.03.22

生ドラムは特に大きな音が出る打楽器です。普通に叩くと100デシベル程度の音が出ますので、家に何も防音対策を行わない状態で叩けば、多くの場合、騒音の苦情が来てしま...

何が違う? 防音材の種類と吸音と遮音の違い

何が違う? 防音材の種類と吸音と遮音の違い

投稿日:2021.03.22

住宅の防音において強い味方となる「防音材」と呼ばれる素材。これがあるとないでは音の伝わり方が大きく変わります。今回はそんな防音材に関してご紹介します。素材自体の...

自宅で運動をする際におさえておきたい防音対策

自宅で運動をする際におさえておきたい防音対策

投稿日:2021.03.22

新型コロナウイルスの流行で「ステイホーム」が呼びかけられていることもあり、自宅にいる時間が長くなりつつあります。それに伴い、屋外やスポーツジムでしていた運動を自...

どこを重視すればいい? 防音工事施工会社の選び方のポイント

どこを重視すればいい? 防音工事施工会社の選び方のポイント

投稿日:2021.02.01

楽器演奏、録音や録画、あるいはテレワークのよりよい環境を作るために、自宅の防音工事を検討する人が増えているようです。確かに防音室があれば音に関する悩みは軽減され...

商品案内

ミュージックキャビン
ミュージックキャビンは、セミオーダーシステムのユニット式ですので、柱や梁の形、扉や窓の位置に合わせて、ムダなく、そして、設置場所にキズをつけることなく施工できます。

詳細を見る

オーディオ・ホームシアター
今お持ちのシステムのポテンシャルを最大限引き出し、ご自宅に居ながらにして廻りに気兼ねなく、お好きな音楽をお好きな時におもいきり満喫できる快適で高い遮音性能と優れた音響性能のリスニングルームをご提供いたします。

詳細を見る

商品一覧を見る

施工事例

コラボレーション
集合住宅や戸建住宅の防音室の工事に際しましては、様々な建築会社、デベロッパー様と連携を取らせていただいております。
「MUSISION 新江古田」のみ。

詳細を見る

施工事例一覧を見る

施工事例ギャラリー 過去の実績一覧はコチラ コラム 音楽雑貨専門店♪プレリュード

音楽雑貨専門店♪ プレリュード

ページトップへ